ブラームス全曲(ソロ・連弾・ピアノ)
演奏会にあたって

スクリーンショット 2018-03-29 14.02.12.png

第1回(2004年11月8日 東京文化会館小ホール)

自作主題による変奏曲 作品21-1
ハンガリーの主題による変奏曲 作品21-2
愛の歌(連弾)
作品52aピアノソナタ第3番 作品5


【メッセージ:シリーズ第1回にあたり】

st23_0117-1.jpgブラームスが好きで、いつかブラームスのピアノ曲全曲の演奏会をと願っていました。
オーケストラ、室内楽、歌曲等どれも素晴らしい作品がたくさん残されていますが、このシリーズでは、彼のもっとも身近にあったピアノという楽器からブラームスの魅力を 全8回にわたって探っていこうと思います。
ブラームスというと渋い、重厚、しっかりとした構築などとよく言われますが、ロマンチックで憧れに満ちていてユーモアにあふれた一面も、彼の音楽が聞いている人の心を動かす大切な要素となっているのではないでしょうか。
そんな彼の素顔に、ソロだけでなくピアノデュオによっても近づけるのではと考えています。ピアノデュオはいずれも妻の武田美和子と共演いたします。ブラームスの心の言葉がそのまま音楽になった地、ドイツやオーストリアに留学しなければ感じなかったであろう事がたくさんあります。そんなブラームスの音楽を自分の言葉として表現できたら・・・とこのシリーズにのぞみたいと思います。

中井 恒仁