Nobuhito Nakai & Miwako Takeda Official Website

ブラームス全曲(ソロ・連弾・2台ピアノ)演奏会にあたって

johannes-brahms.jpg


第8回 最終回(2014年11月13日 浜離宮朝日ホール)
主催:朝日新聞社、プロアルテムジケ

2014.11.13.jpg

スケルツォ 変ホ短調 作品4
弦楽六重奏曲 第1番 変ロ長調 作品18(連弾)
4つの小品 作品119
ハイドンの主題による変奏曲 作品56b(2台ピアノ)


【メッセージ:シリーズ第8回 最終回にあたり】
st23_0117-1.jpg
2004年に始めたピアノソロとピアノデュオの全作品のこのシリーズが、最終回を迎えることとなりました。
皆様の応援あってのことと感謝しております。

「ブラームスの音楽を自分の言葉として表現したい」

とスタートして10年もの時間が経ちました。本シリーズの約4割がピアノデュオの作品でしたが、全て共演してきた妻の武田美和子とのピアノデュオも今年が結成15年になります。
この間、ブラームスのピアノ協奏曲や室内楽や歌曲伴奏を演奏する機会にも恵まれました。ブラームスの音楽の味わい深さに多く触れることができ、彼の音楽への一途な思い、また、知れば知るほど見事な技法、そして何よりも心の奥底から湧き上がるその表現の豊かさに心動かされる日々でした。
今回のプログラムは、ソロでは初期のヴィルトゥオーゾ作品の「スケルツォ」と、彼の人生最後のピアノ作品となった「4つの小品 作品119」、ピアノデュオ作品では、若きブラームスのロマン派的な表情が豊かな「弦楽六重奏曲第1番(連弾)」と、希望にあふれた輝かしい「ハイドンの主題による変奏曲(2台ピアノ)」を演奏いたします。
最終回、是非ご来場いただけますと幸いです。

中井恒仁

裏画像.jpg